雑記ん

雑に記します

6

面接練習や企業のデータの再確認をしていました。

昼前に1度面接練習をして「よし明日頑張ります!」となったものの、

夕方に不安になってきたので窓口が閉まるギリギリに滑り込んでもう1度面接練習をしてもらったりと、

今から緊張している自分に笑っちゃ・・・うこともできずにドキドキしています。

 

キョロキョロしないのだけはなんとしても。

5

祖母に会いに行って母と外食して庭をほじくり返していたら、

書類選考が通ったとの連絡がきました。

 

時間がないから無理かなと思いながらハローワークに面接練習間に合うか連絡したら大丈夫のようなので、

本番のつもりで本番に備えようと思います。

 

無職であること以外はなかなか充実した1日だったのでは。

無職が充実を語るなって話ですが。

4 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか感想(8話~13話)

またAbemaTVでダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの一挙放送を見ていました。8話から13話まで。

 

前回の7話で目標であり憧れである人と一緒に訓練したりお昼寝する仲になったベルくん。

もう目的達成か?あとは異世界ハーレムものか?ん?とか思っていたのですが、ベルくん的にはそうではなかったみたいです。

あくまで「彼女に追いつきたい」「彼女と並んで戦うに見合う冒険者になりたい」というのが目標なんですね。

そんな中、魔法習得の瞑想シーンで出てきた「英雄になりたい」という言葉を強敵との戦いの最中に改めて口にしました。

こっちは彼女に助けられる前の、ベル本来の願望なのかな。

 

ベルが薄れていく意識の中で「”仲間を”助けて」というシーン、

彼が求めていた強さというのはおそらくモンスターと戦うための強さだと思うんですけど、

それだけじゃない部分でも冒険者として成長したんだなーと伝わってきました。

 

最終話で透明マンを助ける場面や、とどめが英雄の一撃ではなくナイフなところなど、

スキルのお陰だけじゃない!ベル自身が成長したんだ!というここまでの総決算みたいな感じで盛り上がりました。

 

 

ベル以外だとヴェルフも好きなキャラクターでした。

ヴェルフはベルとは少し違って才能とか素質みたいなものをわかりやすく持ってる側の人間です。

でもその素質を使ってなれる自分ではなく、自分がなりたい自分になろうとするところがとてもいいと思います。

持ってる側の苦悩だ高望みだと笑うこともできるかもしれませんが、

ベル同様まっすぐ頑張る彼にはそういった嫌味的なものが感じられなくていいキャラしていました。

 

最終話では仲間を助ける為にこれまで避けてきた魔剣を利用します。

(ここてっきりベルに魔剣を託すんだろうなってワクワクしていました)

自分の理想と仲間とで天秤にかけて、というよりは理想そのものが変化したのかなと感じました。

その後の心境の変化は原作ではもう語られているのかなと気になるところ。

 

 

作品全体を通して自己実現と努力がテーマなのかなと思いました。

なりたい自分になる為に努力する人とそれを認めて応援してくれる人がいる。

見ていてとても楽しい作品でした。

 

あと適度なおっぱいがよかったです。

巨乳の方のアマゾネスちゃんが1番好きなキャラクターです。

今度始まるってCMやってた外伝で出番がいっぱいおっぱいしてくれるととてもうれしいです。

3 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか感想(1話~7話)

AbemaTVでダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの一挙放送を見ていました。前半の1話から7話まで。

 

主人公のベルくんめっちゃいい子ですね。

色々あるけど1番好きなのは低身長キャラと喋る時に屈んで目線を合わせるところです。

 

努力と才能、環境のバランスがとてもいい主人公だと思います。

めっちゃステータスが成長するスキルが1話でポンと手に入れるんですけど、

きっとこの子はこのスキルがなくても時間をかけて成長するんだろうなと思わせてきいます。

周りも基本ベルくん全肯定な環境なんですけど、

これも環境のお陰だろとはならない、いいキャラだと思います。

 

「環境によるところも大きいけどちゃんと努力したから報われた」

って感じ。

 

あと礼儀正しいけど聖人キャラというわけではない、

具体的に言うとおっぱい当たった時にちゃんと赤面するところに好感が持てました。

 

今日の前半7話時点だと繰り返し「自分のため」っていう言葉が使われていたのが印象的でした。

ベルもそうだしリリィもがんばって目標を達成するんだ!っていうのがすごい伝わってきます。

魔法習得時の自問自答なんかが特にですね。

不変の存在である神様サイドと人間との対比なのかなと思いましたけど、ヘスティアもバイトがんばってるしそういうわけでもないのかな。

 

明日の後半も楽しみです。

2

異音爆熱動画ガックガクを直すために中身に掃除機をかけたら余計に悪くなってしまったパソコンを、こういうのに強い従兄弟に見せにいったりしていました。

掃除機はだめみたいです。

まあだめですよね。

脳みそがガックガクだからしかたない。

 

後はお互いに近況報告をしたり、スイッチとゼルダを買っていたので見せてもらったりしました。大きな画面で見るとスマホで見るプレイ動画とは段違いの迫力がありましたね。

 

ゼルダから派生して色々ゲームの話もしたんですけど、ゲームにおける「ここから先はまだ進んじゃいけないよ!」を人とか障害物で通せんぼするのではなく、雨を降らせるやつがいる→だから手が滑ってこの先の崖が上れないみたいな感じでそれっぽい理由付けがあると、同じ通せんぼでも感じ方が違うよね~みたいな話は面白かった。

村人に「雨で滑るから通行止めだよ」と言わせるのではなく、実際にプレイヤーが手を滑る体験をするのが大切云々。